ニキビと全身の脱毛トリビア~背中や顔、脇のニキビへの脱毛効果について

色素沈着したニキビ跡があってもぜんしん脱毛できるのか?脱毛したらニキビが増える。悪化することはないのか?脱毛するとニキビができづらくなるのか?など、ニキビと全身脱毛の関係にフォーカスして更新しています。

*

脱毛でニキビが増える。悪化するって聞くけど本当なの?

   

脱毛に関して、不安や疑問というものを抱えていらっしゃる方も多いでしょう。
例えば、脱毛をするとニキビが増えたり状態が悪化すると言うものです。
先のようなことは本当なのでしょうか?考えてみたいと思います。

ニキビが増えているように見えるのは?

まず、ニキビが増えているように見えるのは「毛嚢炎」である可能性が非常に高いでしょう。
一見するとニキビのように見えることから勘違いをする方も多いようです。
ではなぜ脱毛をすると毛嚢炎が出来てしまうことがあるのでしょうか。

毛嚢炎が脱毛で出来てしまう原因とは?

脱毛施術の中でも特にレーザー脱毛ですと、仕様として熱のダメージで毛根の再生を破壊すると言う脱毛施術スタイルであることから、この熱ダメージが要因となり毛穴が傷ついてしまい更にその箇所に細菌感染をしてしまうと毛嚢炎となってしまうのです。
男性であればひげの脱毛や男女共通して言える部分ですとiラインなどのデリケートゾーンなどに出来やすいとも言われていますが、もちろん全ての方がかかるというわけではありません。

万が一毛嚢炎を発症してしまったら

脱毛によって毛嚢炎が発症してしまった時であっても、慌てることはありません。
適切な処置をすることによって治癒させることは出来るのです。
先ずは薬の塗布です。
薬は抗炎症剤の塗り薬を使用することです。
医療脱毛であればその場で処方してくれることが大半でしょう。
一部サロンにおいては、ドクターズサポートシステムを導入していますのでそうした場合は指定の医院などでもらえるかと思います。
また、状態によっては内服薬を処方されることもあるかと思います。
それ以外の場合は自ら皮膚科へ受診されるのが良いでしょう。
日ごろの心がけとしては、箇所を清潔にすることです。
この際、入浴時などにごしごしとこすって身体を洗うようなことはしないようにしましょう。
肌ばかりではなく身につける衣服に関しても清潔は保つようにしてください。
また、脱毛後の保湿も重要となります。
ニキビ状にみえることから、保湿をすると悪化するのではと考える方もいらっしゃるようですが、婚層をしてしまうと肌の抵抗力が落ちやすくなるのです。
このことから、保湿は重要なポイントとなるでしょう。
肌そのもののアプローチではありませんが、疲れをためないという事も気に掛けておくと良いでしょう。
これは、疲れをためてしまうことによって身体の抵抗力が落ち、細菌感染・繁殖をさせやすい状態になってしまうというのがその理由です。
こうした対処法についてはサロン・クリニックなどでも指導があるかと思いますので聞いておくようにしましょう。

治癒までの期間について

脱毛施術を進めている最中となると、できれば早い段階で毛嚢炎を治癒させたいと考える方が大半かと思います。
きになる期間ですが、状態や環境、個人的な体質などによって変わってくるかと思いますが、おおむね1週間から2週間前後といわれています。
陰部などに出来たものに関しては、治りにくいともいわれていますのでそれ以上の期間がかかることもあるかもしれません。
あくまで「治まってくる目安」であるとも言われていますので、完全に治癒をさせるとなるとプラスアルファの時間がかかってくることも多いでしょう。
状態が芳しくないという時には、通院などをすることもあるかと思いますのでその都度あわせた治療法を取り入れていくことによって治癒を目指していきます。
ごく稀ではありますが、年単位でかかるという方もいらっしゃるようですので、医師に目安を聞いてみると言うのも良いかもしれません。

放置をしないことが重要

生命に重篤な危険が及ぶというものではありませんので、痛みなどが無い限りは放置をするという方もいらっしゃるようですが、状態悪化をさせないためにも極力早い段階で治療をとりいれていくようにしましょう。
硬い根を持ったようなタイプの「深在性」と呼ばれるものですと徐々に痛みも出てくるかもしれません。
早い段階で治療を取り入れることによって早期治癒も充分に可能なものですので適切な処置を施すようにしましょう。

 - ニキビと脱毛のこと